計画案のポイント

アクションプラン案

行政経営プラン

 長期ビジョン「第8章 行政経営の基本姿勢」の「2 行政経営の基本的な考え方と取組方向」における4本柱のもと、具体的な取組内容と4年間の工程表などで構成します。

基本的な考え方

 社会経済情勢が変化する中、県民の幸福を的確に捉え、県民サービスを安定的・持続的に提供していくため、多様な価値観に対応しながら、あらゆる主体が協働する県民本位の行政経営を展開します。

 地域の課題解決に向け、高い先見性とグローバルな視点を備え、世界の中の岩手を意識しながら、県民視点で県全体の利益を追求する職員を確保・育成します。

 業務の効率的な運営や柔軟な働き方の推進を通じ、仕事と生活の調和を図り、職員の能力を十分に引き出し、組織として高いパフォーマンスを発揮できる職場環境を実現します。

 政策の着実な推進を支え、県民ニーズに応える満足度の高いサービスを提供していくため、機動的な組織体制の整備や持続可能な財政構造の構築など、限られた経営資源を最大限有効に活用するマネジメントの最適化に取り組みます。

4本の柱と取組方向
Ⅰ 地域意識に根ざした県民本位の行政経営の推進

《具体的な推進項目》

1 多様な主体とのつながりを形成します
2 市町村との連携・協働を推進します
3 地方分権や県外自治体との連携を推進します
4 海外とのつながりを形成します

Ⅱ 高度な行政経営を支える職員の能力向上

《具体的な推進項目》

1 開かれた県行政を担う職員を確保・育成します
2 若手・女性職員の活躍を支援します
3 職員の能力開発を促進します

Ⅲ 効率的な業務遂行やワーク・ライフ・バランスに配慮した職場環境の実現

《具体的な推進項目》

1 効率的で柔軟な働き方を推進します
2 明るく、いきいきとした職場環境づくりを推進します

Ⅳ 戦略的で実効性のあるマネジメント改革の推進

《具体的な推進項目》

1 県民サービスの質の向上につながる提供システムを充実します
2 多様なニーズに応える公営企業や県出資等法人の健全経営を推進します
3 県民本位の行政経営を推進する組織体制を整備します
4 効果的で効率的な業務遂行体制を支えるリスクマネジメントを構築します
5 政策の着実な推進を支える持続可能な財政構造を構築します

※行政経営プラン(案)はこちら(PDF 7.1MB)